【四国屈指の好景観】宇和海しおさいオレンジ輪道サイクリングコース

2024年7月2日

えひめ自転車ツーリングTips

【タイトル】愛媛絶景コース!宇和海しおさいオレンジ輪道サイクリング

四国のサイクリングコースの中でも、屈指の好景観でありながら、まだあまり知られていないルートが愛媛県にある「宇和海しおさいオレンジ輪道」です。愛媛県の南予地域にある西予市~八幡浜市のリアス海岸沿いをメインにしたルートが愛媛県によりサイクリングルートに選定されています。

アドバイザー・ライター
カワイユキ

こんにちは。しまなみ海道在住のローカルサイクリストのカワイユキと申します。このページでは番外編として愛媛県のサイクリングコースを詳しくご紹介できればと思います。ぜひ、素敵な旅にしてくださいね!

愛媛マルゴト自転車道

しまなみ海道だけじゃない

日本を代表するサイクリングコースとして知られる「しまなみ海道」は、広島県と四国の愛媛県を結ぶ瀬戸内海横断ルートです。今や世界中から自転車旅行を楽しみに来るしまなみ海道ですが、その人気やサイクリストの増加を受けて、愛媛県では官民挙げて自転車の安全な楽しみ方や県全体での自転車文化の推進を進めています。その中で2013年から愛媛県で進められているプロジェクトが「愛媛マルゴト自転車道」です。

【写真】宇和海しおさいオレンジ輪道:しまなみ海道サイクリングの様子
この地域ではしまなみ海道がサイクリングで有名

愛媛県のサイクリングルートはしまなみ海道だけじゃない!と、県内のさまざまなエリアで、ファミリー向けサイクリングコースを17ルート、中~上級者向けのサイクリングコースを11ルートの計28コースを愛媛県が選定。しまなみ海道でサイクリングコースを示す青い線として定着している「ブルーライン」や案内看板、レンタサイクルやサイクルオアシスの整備が進められています。

宇和海のリアス海岸

その「愛媛マルゴト自転車道」の中~上級者向けサイクリングコースの8番として設定されているのが、今回ご紹介する「宇和海しおさいオレンジ輪道」です。宇和海しおさいオレンジ輪道は愛媛県の南側(九州や高知県に近い)、南予地域の宇和海海岸沿いをメインにする愛媛県西予市と八幡浜市にまたがる自転車旅行ルートとして指定されています。

【イラスト】宇和海しおさいオレンジ輪道:宇和海しおさいオレンジ輪道のロケーション
宇和海しおさいオレンジ輪道のロケーション

この辺りの九州と四国の間の海域は、豊後水道と呼ばれますが、このうち愛媛県側の海は「宇和海」という海です。宇和海は四国の中でも屈指の好景観&魚の美味しいエリアとして知られています。山には段々畑やみかん畑が広がり、愛媛の有名な温州みかんのブランド「真穴みかん」もこのエリアにある真穴地区で収穫されるみかんです。

【写真】宇和海しおさいオレンジ輪道:宇和海のリアス海岸をサイクリング
宇和海のリアス海岸をサイクリング

特に海岸線は「リアス海岸」という地形になっていて、山がそのまま海に沈んでいるような景色です。幾つもの入江を繰り返し進んでいくルートなのでアップダウンも多く、補給ポイントも多くないため、中~上級者サイクリング向けコースとして設定されています。

このページのトピック
  • 四国・愛媛屈指の絶景サイクリングコース
  • 宇和海しおさいオレンジ輪道のルートや高低差
  • 立寄りスポットやコンビニなどの情報

今回は、四国屈指の絶景サイクリングコースである宇和海しおさいオレンジ輪道をご紹介します!

宇和海しおさいオレンジ輪道

ルート全体のイメージ

愛媛マルゴト自転車道の公式ウェブページでは、宇和海しおさいオレンジ輪道のコースは、八幡浜港(八幡浜みなっと)をスタートとしています。

【イラスト】宇和海しおさいオレンジ輪道:愛媛マルゴト自転車道のルート
【引用】愛媛マルゴト自転車道の公式ウェブサイトより引用

公式コースは八幡浜港からは宇和海沿いに四国の西側の海岸沿いを60kmほど南下。西予市明浜町から内陸部に東方向への峠越えを経て、宇和町卯之町を経由した後、再度、円を描くように北上して西予市三瓶の海岸沿いに戻るようになっています。公式のコースでは数字の「6」を描くような全体イメージです。

【写真】宇和海しおさいオレンジ輪道:宇和海しおさいオレンジ輪道のブルーラインとピクトグラム
宇和海しおさいオレンジ輪道のブルーラインとピクトグラム

「6」の数字の底部分、明浜町から卯之町へ抜ける「野福峠越え」が標高300m近くまで急な坂道を登る必要があるため、中~上級者向けコースとなっている大きな原因です。西予市のメイン観光地である卯之町を経由させたかったのが、このようなルート設定になっている理由だと思います。

おすすめのコースアレンジは?

坂道があまり得意でないという方は、この内陸部に入る「6」の円部分は大幅にカットするようなコースがおすすめです。言い換えると、海岸コースをメインにして、「立間駅」あるいは「伊予吉田駅」~「八幡浜港」間の国道378号をメインとしたルートでサイクリングするといいです。このコースでも細かなアップダウンがあり、大崎鼻の岬先端近くで標高110mほどの峠越えがあり、ここが最高地点です。

私の個人的におすすめのサイクリングコースを中心に、宇和海しおさいオレンジ輪道のアレンジルートをGoogleマイマップで作成してみました。上のGoogleマイマップで青色の線「おすすめのサイクリングコース」が「立間駅」~「八幡浜港」間のルートです。

コースの高低差は?

宇和海しおさいオレンジ輪道のうち、上のGoogleマイマップで青色の線で示した「おすすめのサイクリングコース」の高低差を作成してみました。

【イラスト】宇和海しおさいオレンジ輪道:サイクリングコースの高低差

内陸部の300m越えの峠をカットしたコース設定とは言え、宇和海のリアス海岸とあって全体的に50m未満のアップダウンが細かく連続します。町や集落がある部分でのみ、平坦があるイメージです。このサイクリングルートでは、やはり大崎鼻周辺の峠が最も大変なピークと言えると思います。

南から北上がおすすめ

愛媛マルゴト自転車道の公式ウェブページで宇和海しおさいオレンジ輪道のコースは、八幡浜港をスタートして海岸沿いを南下するような設定になっています。これは、東京や大阪などの都市部からアクセスしたときに八幡浜の方が近いからだと思います。ただし、先述の通り、このコースは基本的に四国の西側海岸沿いを走るルートなので、左側通行をする自転車は南下すると山側を走ることになります。

【写真】宇和海しおさいオレンジ輪道:西予市や宇和島市をスタートして北上がおすすめ
西予市や宇和島市をスタートして北上がおすすめ

逆に西予市や宇和島市をスタートして、宇和海しおさいオレンジ輪道を北上するようなプランニングにした方が、より海に近い方をサイクリングすることができて、宇和海の景色をより楽しめます。四国一周サイクリングでも、時計回りに周ったほうが、海に近い方をサイクリングすることができていいですね!

このコースのおすすめは立間駅スタートで八幡浜港ゴールの68km!

スタート地点は?

宇和海しおさいオレンジ輪道の県が設定している正式なスタート&ゴール地点は、西予市側が「西予市役所三瓶支所」で、八幡浜市側が八幡浜港にある「八幡浜みなっと」になっています。実際には、宇和海しおさいオレンジ輪道を走破するサイクリングでは、JR予讃線を使って輪行で自転車を運んでのアクセスがイメージしやすいと思いますので、西予市側は「上宇和駅」「卯之町駅」「下宇和駅」あたり、八幡浜市側は「八幡浜駅」が起終点になりえます。

【イラスト】宇和海しおさいオレンジ輪道:それぞれのスタート地点へのアクセスと距離

卯之町の町並みや開明学校、愛媛県歴史文化博物館などに立寄りたい場合は、それらの西予市側の駅がスタート地点としておすすめです。しかし、これらの駅をスタートにすると「野福トンネル」または「新三瓶トンネル」といった長めのトンネルを通過する必要があり、序盤に大きなアップダウンがあります。そこで先述の通り、個人的におすすめなのは宇和島市の「立間駅」をスタートにする方法です。立間駅から八幡浜みなっとまでは、海岸沿いを進むと「約68km」の道のりです。

立寄りポイント

宇和海しおさいオレンジ輪道の海岸沿いにあるポイントを中心に、立寄りポイントを紹介しようと思います。

観光スポット

あけはまーれ

【写真】宇和海しおさいオレンジ輪道:あけはまーれのある大早津海水浴場
あけはまーれのある大早津海水浴場

西予市明浜地区をブルーラインに沿って海岸をサイクリングしていると、大早津海水浴場という美しいビーチに辿り着きます。ここは西予市観光の拠点施設になっていて、レストランや宿泊施設、日帰り入浴施設「しお湯」があり、「あけはまーれ(あけはまシーサイドサンパーク)」という名称がついています。南予サイクルオアシスにも登録されている施設で、サイクリング拠点にもなっています。

観光施設あけはまーれ(あけはまシーサイドサンパーク)
住所西予市明浜町高山甲461-1
電話0894-64-1616
営業時間11:00~21:00
特徴宿泊や食堂、入浴施設を備えた海水浴場の観光施設

そのほかの観光

内陸部ではありますが、西予市卯之町エリアは、古い町並みの残る観光スポットになっています。明治時代の洋風建築で重要文化財になっている小学校校舎「開明学校」のほか、この地域で使われていた民具を展示した「宇和民具館」や江戸時代に建てられた町屋「末光家住宅」などがあります。また、南予地域の海沿いは急傾斜の場所が多いため、昔から段々畑で農作物の栽培が行われてきました。その中でも、西予市明浜町狩浜にある「狩浜の段々畑」は規模も大きくフォトスポットになっています。

コンビニ・商店

宇和海しおさいオレンジ輪道の海岸線ルートである国道378号線沿いには、コンビニエンスストアやスーパーマーケットが少ないです。いくつか小規模なヤマザキショップやAコープがあります。比較的に市街地エリアである八幡浜市の中心や西予市卯之町エリアにはローソンやセブンイレブンなどのほか、比較的大きなスーパーマーケット「フジ」があります。

レンタサイクル・自転車店

八幡浜市内

しまなみ海道ほどはレンタサイクルは充実していませんが、宇和海しおさいオレンジ輪道のサイクリングでも、レンタサイクルを借りることができます。八幡浜市内では「八幡浜みなっと」でクロスバイクやシティサイクル、電動アシスト付き自転車などを借りることができます。また八幡浜駅すぐ前の「谷本蒲鉾店(メセナドライブ)」がサイクルオアシスになっていて、クロスバイクや電動アシスト付き自転車の貸出を行っています。

レンタサイクル住所
八幡浜みなっと八幡浜市沖新田1581-23
谷本蒲鉾店(メセナドライブ)八幡浜市松柏丙842-4駅前1

西予市内

西予市側にはレンタサイクルのサービスがあまり多くありませんが、卯之町にあるスポーツショップ「ワケスポーツ宇和店」では、ロードバイクやクロスバイクなどのレンタサイクルを行っています。宇和海しおさいオレンジ輪道のレンタサイクルはどこも乗捨てのサービスはできないので、借りた場所まで戻ってきて自転車を返却する必要があります。

レンタサイクル住所
ワケスポーツ宇和店西予市宇和町卯之町4-668-7

このページでは四国・愛媛のサイクリングコースとして「宇和海しおさいオレンジ輪道」を紹介させていただきました。今回は、普段より広いエリアに目を向けて、四国ツーリングに役立ちそうな情報としてサイクリング情報をまとめましたが、基本的にこのウェブサイトでは、主にしまなみ海道の旅情報を発信しています。しまなみ海道サイクリングの詳しい情報は、以下のページにまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

2024年7月2日その他の海道

Posted by カワイユキ