【しまなみレンタサイクル】保証料金と乗捨て料金の旧システム

2024年2月5日

【タイトル】しまなみレンタサイクルの保証料金と乗捨て料金

しまなみ海道で最もよく利用される公共のレンタサイクル「しまなみレンタサイクル」の保証料金と乗り捨てのシステムについて詳しくご紹介しています。しまなみ海道の全線を踏破するような片道サイクリングや一部の島だけをサイクリングするような方の場合、保証料金の返金がありません。

アドバイザー・ライター
カワイユキ

こんにちは。しまなみ海道在住のローカルポタリストのカワイユキと申します。自転車でゆっくり旅するスローサイクリングの魅力をお伝えできればと思います。しまなみ海道は自分のレベルに合った情報を集めて準備すれば初心者の方でも大丈夫!サイクリングの計画に、ぜひご活用ください。

【事業者様へ】本文中に掲載しているお店や商品のセレクトは、私の個人的な体験に基づくリコメンドです。有償・無償に関わらず事業者様からの掲載依頼は一切受付けておりませんのでご了承ください。

【ご注意】保証料金のシステムは2023年9月1日に廃止。料金も改定されています。新料金はこちら。

しまなみレンタサイクル

最も一般的なレンタサイクル

しまなみ海道内で愛媛県側と広島県側が連動している「しまなみレンタサイクル」は、旅行者でも利用しやすい公共のレンタサイクルサービスです。民間のレンタサイクルサービスに比べて豊富な自転車台数と手頃な貸出料金が魅力となっています。

【イラスト】しまなみレンタサイクルの保証料金と乗捨て料金:公共レンタサイクルターミナル一覧マップ
【しまなみレンタサイクル】公共のしまなみレンタサイクルターミナル

さらに、しまなみ海道のエリア内に全10ヶ所ほどの貸出・返却ターミナルが設置されているため、必ずしも元の場所に戻ってくる必要がなく、片道サイクリングも楽しむことができます。シティサイクルから電動アシスト付き自転車まで幅広い車種が揃っており、自分に合った自転車を選ぶことができます。しまなみ海道を気軽に満喫できる、利便性の高いレンタサイクルサービスです。

貸出料金と保証料金

車種によって異なる貸出料金

しまなみレンタサイクルのレンタサイクルは、どこのターミナルで借りても同じ料金設定ですが、借りる車種によって貸出料金は異なります。料金は全て現金の前払い。例えば、最も台数が多く一般的に借りられることが多いクロスバイクという車種を一台、1日借りる時の貸出料金は2000円です。タンデム自転車や電動、Eバイクは借りられるターミナルが限定されていて、乗捨てができないなどの制限があります。

【ご注意】2023年9月1日に料金が改定されています。新料金はこちら。

公共レンタサイクルの車種貸出料金
クロスバイク・シティサイクル等2000
タンデム自転車3000
電動アシスト自転車2500(6時間)
Eバイク7000

なお、タンデム自転車や電動、Eバイクは借りられるターミナルが限定されていて、乗捨てができないなどの制限があります。しまなみ海道の全線を踏破するような片道サイクリングを考えている場合には、クロスバイクやシティサイクルを借りるようにしましょう。タンデム自転車や電動アシスト付き自転車は、比較的短時間のレジャーサイクリング向きです。

保証料金と乗捨て料金

実はしまなみレンタサイクルを借りる際には、この貸出料金の他に「保証料金」を追加で支払います。保証料金の金額は車種によって異なりますが、貸出料金と違って1日ごとの料金ではなく1回ごとの料金です。つまり2日間借り続ける場合は、貸出しの際に1回分の保証料金を支払います。

【ご注意】2023年9月1日に保証料金が廃止されています。新料金はこちら。

公共レンタサイクルの車種 保証料金
クロスバイク・シティサイクル等1100
タンデム自転車1100
電動アシスト自転車1100
Eバイク5000

保証料は、貸出ターミナルまたは貸出ターミナルと同じ島内のターミナルに返却した際にのみ返金します。別の島のターミナルに乗捨てした場合には返金しません。「乗捨て」とは、借りたターミナル以外のターミナルに返却する場合です。

しまなみジャパン

例えば、先ほどと同じくクロスバイクを借りる場合、1台につき保証料金1100円(子ども500円)を預けます。何かをレンタルするときの保証料金というと、無事にキズを付けることなく、壊すことなく返却した時に返金されるデポジット的な役割をしていると思います。もちろん、しまなみレンタサイクルでもその意味があるのですが、この保証料金には別の意味もあります。

【イラスト】しまなみレンタサイクルの保証料金と乗捨て料金:クロスバイク料金のイメージ

それが「乗捨て料金」です。この保証料金は、借りたターミナルと同じエリアのターミナルに返却すると返金される仕組みです。つまり保証料金は乗捨て料金の役割をしています。往復型のサイクリングでは返金されますが、片道のサイクリングでは返金されません。

【イラスト】しまなみレンタサイクルの保証料金と乗捨て料金:返金の場合と返金でない場合の貸出イメージ

例えば、今治で借りて尾道でレンタサイクルを返却する場合など、借りた場所と違う島やエリアのターミナルで返すと保証料金の返金はなしです。今治駅前サイクリングターミナルでレンタサイクルを借りて、営業時間内に同じく今治駅前サイクリングターミナルへ返却する場合などは、この保証料金が返金されます。

合計の貸出料金

以下に、クロスバイク1台を借りる場合のパターンごとの支払金額(貸出料金+保証料金)と返金金額、実質の料金をまとめてみました。

返却先日数支払金額返金金額実質料金
同ターミナル返却1日310011002000
他ターミナル返却(乗捨て)1日3100無し3100
同ターミナル返却2日510011004000
他ターミナル返却(乗捨て)2日5100無し5100

なるべく安く借りたい場合には、やはり元のターミナルに戻ってくるようなプランにするといいですね。大きな手荷物なども預けて置けるので、手荷物配送料金なども節約できますね。

保証料金システムの廃止

2023年6月にしまなみレンタサイクルを管理しているしまなみジャパンより、料金改定のプレスリリースが出されました。

2023年9月1日から料金改定(値上げを含む)、運用の見直し等を行います。

しまなみジャパン

この詳細が発表され、料金の改定とともに、この保証料金や乗捨て料金のシステムに変更がありました。どれくらい料金が変更されたのか、また新しい料金システムの詳細などはこちらのウェブページにまとめました。

しまなみ海道のレンタサイクル情報まとめ

しまなみ海道のレンタサイクルの借り方や返し方、片道サイクリングでの乗捨ての方法や借りることができる車種、料金や予約の詳細など、レンタサイクルサービスごとの特徴を比較して広く解説します。民間のレンタサイクルサービスも増えたことで、初心者の女性ひとり旅から上級者のロードバイク乗りまで幅広い旅行者に向けたレンタサイクルが充実しています。

レンタサイクルの歴史と変遷

しまなみ海道は開通時の1999年時点でも、「本州から四国まで徒歩や自転車で渡れる唯一のルート」としてPRの材料のひとつになっていて、実際に自転車で走ってもらうためにレンタサイクルの仕組みが整備され、サイクリングイベントも開催されていたようです。現在のしまなみレンタサイクルの仕組みは、しまなみ海道の開通に合わせて開催された「しまなみ海道’99」という大規模な完成記念イベントの中で設置されたレンタサイクルのターミナルが基になっています。

紆余曲折がありながらも、99年の開通からレンタサイクルはしまなみ海道を訪れる旅行者を長年、支えています。


このページではしまなみ海道サイクリングのしまなみレンタサイクルの保証料金と乗捨て料金についてその詳細をご紹介しました。初心者でも安心してサイクリングを楽しめるのがしまなみ海道最大の特徴です。しまなみ海道サイクリングの詳しい情報は、以下のページにまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

2024年2月5日レンタサイクル

Posted by カワイユキ