【生口島の宿ガイド】しまなみ海道サイクリングで泊まりたい瀬戸田町の宿泊施設

2024年2月26日

【タイトル】島で一泊!生口島でおすすめの旅館やゲストハウス

しまなみ海道のサイクリングでは、途中の島で一泊して2日間で完走を目指す方が多いです。生口島は、しまなみ海道でも屈指の観光で人気の島で、耕三寺や向上寺、平山郁夫美術館、しおまち商店街、サンセットビーチなど滞在してのんびり過ごす価値のある島だと思います。生口島にはサイクリング向きの旅館やゲストハウス、民宿などもたくさんあるので、好みによって選ぶといいですね。人気観光エリアである瀬戸田町を中心におすすめ宿泊施設をご紹介します。

ライター:カワイユキ

こんにちは。しまなみ海道在住のサイクリスト・カワイユキと申します。しまなみ海道は初心者の方でも自分のレベルに合った情報をもとに準備すれば大丈夫!自転車でゆっくり旅する魅力をお伝えできたら嬉しいです。

生口島で一泊

2日間で完走を目指す

日本を代表するサイクリングロードとして有名な「しまなみ海道」では、レンタサイクルをはじめとしてブルーラインといった道しるべなど、自転車での旅行が初めてという方やスポーツ自転車の初心者の方でも気軽にサイクリングが楽しめるスポットとして知られています。愛媛県今治市から広島県尾道市までの完走(瀬戸内海を渡り切る)を目指す自転車旅行者の多くは、初めて長距離のサイクリングに挑戦するという方です。

【写真】生口島のおすすめ宿泊施設:生口島のサイクリングメインルート
生口島のサイクリングメインルート

サイクリングが推奨されているコースにもバリエーションがあるので、興味やレベルに合わせて、さまざまなコースを走行することができるようになっています。数時間や1日の日程でしまなみ海道の一部を楽しむこともできますし、数日掛けてじっくりと縦断することもできます。やはり人気が高いのは、2日間かけて観光もしながらしまなみ海道を完走するプランで、途中の島で宿泊することでより広範囲に余裕を持って行動できます。

【イラスト】生口島の宿泊施設:生口島の位置を示したしまなみ海道の地図

意外かもしれませんが、しまなみ海道は意外とアップダウンと距離があります。完走を目指すとなると、最短でも70~80kmの道のりで、それぞれの橋には上り坂があります。普段から自転車に乗り慣れていない方でも、一日かければ完走できない距離ではありませんが、寄り道をしたり観光をしたりする余裕がなくなってしまうことも。初めての場合、2日間かけて完走を目指すと「ただ走るだけの旅」にならず、しまなみ海道をより満喫できると思います。

途中の島で一泊

しまなみ海道の完走、つまり瀬戸内海を自転車で渡り切ることを目指すサイクリング旅では、ちょうど真ん中あたりになる大三島生口島で一泊する方が多いです。最近は、こうした2日以上かけてのんびり自転車で旅をするというのが一般の旅行者にも定着したこともあり、大三島や生口島ではサイクリング旅行者をターゲットにした宿泊施設も次々とオープンしています。

【写真】生口島のおすすめ宿泊施設:耕三寺の未来心の丘からの風景
耕三寺の未来心の丘からの風景

今回は、耕三寺や平山郁夫美術館、しおまち商店街など観光スポットもあり、国産レモンの一大産地としても有名な「生口島」に焦点を当てて、しまなみ海道サイクリングで一人旅でも泊まりやすい宿泊施設を中心にピックアップしてご紹介してみようと思います。ぜひ、しまなみ海道サイクリングの宿泊先探しの参考になさってください。

生口島は南国リゾートのような雰囲気のあるサイクリストにも大変人気の高い島です。

宿泊施設が多いエリア

瀬戸田町瀬戸田

生口島は、広島県尾道市に属する島で、尾道旧市街から数えて3つ目の島です。島の西側には多々羅大橋が架かり、愛媛県今治市の大三島と繋がっています。つまり、生口島と大三島の間が広島県と愛媛県の県境です。一周すると約25kmほどなので、大三島一周の半分くらいの距離ですね。外周コースにはアップダウンも少ないので初心者でも安心して一周できる人気の島になっています。

【写真】生口島のおすすめ宿泊施設:ノスタルジックな瀬戸田の町と高根大橋
ノスタルジックな瀬戸田の町と高根大橋

しまなみ海道サイクリングのメインルートは、生口島の北側を通っています。こちらのルート上には瀬戸田町瀬戸田の町があり、耕三寺や平山郁夫美術館、しおまち商店街などの観光スポットがあります。宿泊施設もこの瀬戸田町瀬戸田のエリアに多いです。しまなみ海道の完走を目指す方の多くは、生口島の北側のメインルートを通ることになると思います。

一方で南側の外周コースも基本的にはフラットな海岸線沿いの道なので、とても走りやすいです。こちらにはコンビニエンスストアやスーパーマーケットがほぼ皆無です。また、宿泊施設を探すときなどに、生口島の東側には旧因島市に属していた「因島州江町」「因島原町」の2町の地名が紛らわしいのでご注意くださいね。合併の際の都合で生口島ですが因島という名前がついています。

瀬戸田町瀬戸田を中心に、おすすめ宿泊施設をご紹介しようと思います。

※読み込みが遅くならないようにページを分けさせていただきました。

サイト運営ご支援のお願い:普段の買い物をこちらからAmazon.co.jpへアクセスしていただくと、購入額の数%が私の収入(Amazonアソシエイトの紹介料)になります。または任意の額のAmazonギフトカードを送ってご支援いただくことも可能です。私の記事がもし少しでもお役に立ちましたら、サポートをいただけるととても嬉しいです。

2024年2月26日特集・徹底解説,宿泊施設

Posted by カワイユキ