【広島県側】尾道駅周辺でレンタサイクルを借りる方法

2024年2月26日

【タイトル】広島県尾道でレンタサイクルを借りる方法

尾道でしまなみ海道サイクリングのためにレンタサイクルを借りる方法を紹介します。しまなみレンタサイクルは尾道港にあり、クロスバイクやシティサイクルなどを借りることができます。ジャイアントストア尾道やザレッドバイシクルズ尾道ではロードバイクのレンタルも可能。また、ローロサイクルワークス尾道や尾道ベースではミニベロを借りられます。ベターバイシクルズではおしゃれな街乗り自転車がレンタルできます。自分に合った自転車と料金の違いを確認して選びましょう。

ライター:カワイユキ

こんにちは。しまなみ海道在住のサイクリスト・カワイユキと申します。しまなみ海道は初心者の方でも自分のレベルに合った情報をもとに準備すれば大丈夫!自転車でゆっくり旅する魅力をお伝えできたら嬉しいです。

しまなみ海道の玄関・尾道

島と橋をサイクリング

瀬戸内海の西側に連なる島々を、橋で渡りながら海峡を横断していく「瀬戸内しまなみ海道」。島を繋ぐ橋には、高速道路の他に自転車・歩行者専用道や原付バイク専用道が併設されていて、自転車で本州と四国を行き来できるサイクリングロードとしても知られています。

【写真】尾道でレンタサイクルを借りる方法:しまなみ海道のサイクリングロード来島海峡大橋のイメージ写真
しまなみ海道でもっとも有名な橋、来島海峡大橋

全長が4kmもある来島海峡大橋は、しまなみ海道サイクリングのハイライト。こんな大きな橋を自転車で走り抜けることができるんです。大島と今治市街を結ぶ橋なので、尾道を出発して今治へ向かうと最後はこの橋を渡ることになります。まさに旅のエンディングにふさわしい風景です。

縦断するか部分的にサイクリングするか

【イラスト】尾道でレンタサイクルを借りる方法:尾道をスタートするしまなみ海道サイクリングプランのイメージ

推奨ルートで本州~四国をサイクリングをすると最短でも70~80kmという、なかなか広いエリアを自由に自転車で旅をすることができます。1日で一部の島々を重点的にサイクリングするプランから、2日以上かけながらのんびりと全線を縦断するプランまで、思い思いのスタイルの旅行者がしまなみ海道サイクリングを楽しんでいます。

今回は尾道スタートのサイクリングのフォーカス

【文字イラスト】尾道でレンタサイクルを借りる方法:尾道で自転車を借りたい!
【イラスト】尾道でレンタサイクルを借りる方法:しまなみ海道サイクリングのスタート地点・今治駅と尾道駅の地図
しまなみ海道サイクリングのスタート地点

サイクリングのスタート地点として一般的なのは、しまなみ海道の両端、広島県尾道市のJR尾道駅、もしくは愛媛県今治市のJR今治駅。本州側と四国側のどちらからもサイクリングをスタートできるようなつくりに整備されています。

【文字イラスト】しまなみ海道のレンタサイクル:尾道でレンタサイクルを借りたい!

今回は、その両方のスタート地点のうち、尾道駅周辺のエリアでレンタサイクルを借りる方法について紹介したいと思います。

※今治側でレンタサイクルを借りる場合は、こちらのウェブページをご覧ください。

【写真】尾道でレンタサイクルを借りる方法:しまなみ海道の広島県側の玄関口・JR尾道駅
しまなみ海道の広島県側の玄関口・JR尾道駅

ちなみに、尾道の市街地でレンタサイクルを借りてから、しまなみ海道方面へ行く場合、向島へとかかっている尾道大橋は走行スペースが狭いため渡船を使って渡るのが一般的です。尾道駅前港などから頻繁に渡船が出ているのでこれを利用しましょう。

【写真】尾道でレンタサイクルを借りる方法:尾道~向島間の渡船
時刻表もなく早朝~夜まで行き来している渡船

尾道~向島間だけ渡船を使って渡るのが一般的です!自転車積載ももちろんOKです。

尾道で自転車を借りたい

以前は公共のレンタサイクル一択

以前は、しまなみ海道をレンタサイクルで旅する場合に、自転車を借りることができるのは公共のレンタサイクル一択でした。尾道港で借りることができる公共のレンタサイクルは、値段も安く、途中の島や今治側でも返却ができる便利なシステムであるものの、自転車のクオリティや整備の具合には長年課題を抱えていました

【写真】尾道でレンタサイクルを借りる方法:尾道港の公共のレンタサイクルの貸出用自転車
尾道港の公共レンタサイクルの貸出用自転車

公共のレンタサイクルの指定管理者がしまなみジャパンになったことで愛媛県側と広島県側での一括管理になり、しまなみ海道が国のナショナルサイクルルートに指定されて以降は、このあたりの課題はだいぶ良くなりつつありますが、まだ100点満点とは言えない部分も多いと感じます。個人的な印象ではありますが…。

レンタサイクルの選択肢が増えつつある尾道

【文字イラスト】尾道でレンタサイクルを借りる方法:どのレンタサイクルで借りようか?

そんな中で近年、公共のレンタサイクル以外の選択肢が尾道を中心に増えてきているんです。町の自転車店や民間のレンタサイクル専門業者などがしまなみ海道のレンタサイクル事業へ続々と参入。公共のレンタサイクルと比べると自転車の乗捨ての不便さや料金の高さなどはありますが、ミニベロ(小径車)から本格的なロードバイクまで幅広い自転車を借りられるようになりつつあります。

【写真】尾道でレンタサイクルを借りる方法:観光地としても有名な尾道はしまなみ海道の玄関としても進化
尾道はしまなみ海道の玄関としても進化中

レンタサイクルサービスによって、借りられる自転車や料金なども全く違うので、自分にあったサービスを探してみましょう。それでは尾道でレンタサイクルを借りる方法を詳しくご紹介していきます。

観光地のノウハウが高い尾道では、サイクリングのニーズに合わせて様々なサービスが誕生中!

※読み込みが遅くならないようにページを分けさせていただきました。

サイト運営ご支援のお願い:普段の買い物をこちらからAmazon.co.jpへアクセスしていただくと、購入額の数%が私の収入(Amazonアソシエイトの紹介料)になります。または任意の額のAmazonギフトカードを送ってご支援いただくことも可能です。私の記事がもし少しでもお役に立ちましたら、サポートをいただけるととても嬉しいです。

2024年2月26日レンタサイクル

Posted by カワイユキ