【どこにある?】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナルへの行き方

2024年1月9日

【タイトル】どこ?尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナルへの詳しい行き方

しまなみ海道サイクリングのスタート地点のひとつである広島県尾道市。玄関口のひとつであるJR尾道駅から400mほど離れた場所にある尾道港RT(レンタサイクルターミナル)は、しまなみ海道サイクリングで最も頻繁に利用されるレンタサイクルターミナルのひとつです。尾道港の港湾駐車場の中という少し分かりにくい場所にあるので、尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナルへの行き方を詳しくご紹介します。

アドバイザー・ライター
カワイユキ

こんにちは。しまなみ海道在住のローカルポタリストのカワイユキと申します。自転車でゆっくり旅するスローサイクリングの魅力をお伝えできればと思います。しまなみ海道は自分のレベルに合った情報を集めて準備すれば初心者の方でも大丈夫!サイクリングの計画に、ぜひご活用ください。

【事業者様へ】本文中に掲載しているお店や商品のセレクトは、私の個人的な体験に基づくリコメンドです。有償・無償に関わらず事業者様からの掲載依頼は一切受付けておりませんのでご了承ください。

しまなみ海道のレンタサイクル

さまざまなモデルコース

本州と四国を結ぶルートの中で、唯一しまなみ海道には自転車で通行できるコースが設置されていることもあり、国内外からの旅行者が自転車での旅行を楽しんでいます。レンタサイクルも公共、民間ともに充実していて、自転車旅行やスポーツ自転車が初めてという方もとても多いという特徴があります。中でも公共のレンタサイクルは、しまなみ海道沿線にある約10か所のレンタサイクルターミナルで自転車を借りたり返却したりできるので、レベルや日程などに合わせて様々なコースを楽しむことができます。

【写真】尾道港レンタサイクルターミナル:しまなみ海道をレンタサイクルでサイクリング
しまなみ海道をレンタサイクルでサイクリング

特に2日間ほどかけて、しまなみ海道の今治~尾道間、約70~80㎞全線踏破を目指すコースがとても人気で、そうした旅程の場合には愛媛県のJR今治駅や広島県のJR尾道駅がスタート地点やゴール地点になっています。JR今治駅周辺で公共のレンタサイクルを借りる場合には、今治駅前サイクリングターミナルとサンライズ糸山の2ヶ所が一般的です。一方、JR尾道駅周辺で借りる場合には、尾道港レンタサイクルターミナルが一般的です。

尾道港レンタサイクル

広島県尾道市側からしまなみ海道サイクリングをスタートする方で、圧倒的に利用が多いのが先述の通り「尾道港レンタサイクルターミナル」です。ここで借りたクロスバイクやシティサイクルは、しまなみ海道の途中の島々のレンタサイクルターミナルや愛媛県側の今治市内のレンタサイクルターミナルでも乗捨てすることができます。

【写真】尾道港レンタサイクルターミナル:立体駐車場の1階部分にある
立体駐車場の1階部分にあるターミナル

尾道港レンタサイクルターミナルの受付を尾道水道側(海側)からの様子はこのような感じです。尾道駅前港湾駐車場という公共の立体駐車場の一部の区画がレンタサイクルターミナルになっています。駅前港湾駐車場は最初の1時間200円、30分毎に100円、1日の上限が2000円という駐車場で、そもそも駐車場が少ない尾道では貴重な存在。ここにマイカーを置いてレンタサイクルを借りるという方も多いです。

尾道港レンタサイクルターミナルが、立体駐車場の1階部分という立地で、尾道駅からも400mほど離れています(徒歩約5分)。尾道駅の展望デッキからでもレンタサイクルターミナルの受付場所は見えないです。初めてこの場所を訪れた方だと、スムーズにたどり着けない場合もあるかなと思いましたので、JR尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナルへの行き方を写真や動画で詳しくご紹介したいと思います。

今回ご紹介するアクセス方法のルートとその周辺施設などを、Googleマイマップにまとめてみました。

海側のデッキからのアクセスが分かりやすいかな、と思います!


尾道駅から尾道港レンタサイクル

尾道港レンタサイクルへ

まず、今回起点となるのがJR山陽本線の尾道駅です。新幹線を使って関東・関西方面からお越しの場合には、福山駅で在来線に乗り換えるのが一般的ですね。尾道駅へのアクセス方法はこちらのウェブページにまとめています。

南口を出て尾道水道へ

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道駅の南口から正面へ
尾道駅の南口から正面へ

JR尾道駅には、北口と南口の2ヶ所の改札がありますが、まずは南口へと出てください。目の前にバスのロータリーや尾道水道(尾道と向島の間の細い海)、その先にはしまなみ海道の向島が見える方の出入り口です。北口は地元の方ぐらいしか使わない小さくマニアックな出入口なので、こちらの南口が正面という感じになっています。

南口を出たらそのまま正面の海方向へ進みます。南口の正面方向に交差点があり、信号のある横断歩道が設置されていますので、これを渡って尾道駅前の広場へと進んでください。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道駅前の芝生のある広場
尾道駅前の芝生のある広場

尾道駅前の広場です。日によっては、このスペースでグルメフェスティバルやビール祭りといった催し物が開催されていることもあります。普段はこのように広々とした海の前の芝生のある広場になっています。

ウッドデッキを右方向へ

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:広場奥にある尾道水道沿いのウッドデッキ
広場奥にある尾道水道沿いのウッドデッキ

海側へと進むと尾道水道に面した場所にウッドデッキ調の通路があり、青と白の日傘のある屋外テーブルやチェアなども設置されています。このウッドデッキを右方向へと海に沿って進んでください。

渡船乗り場を通過

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:向島行きの渡船乗り場
向島行きの渡船乗り場

ウッドデッキを進むと「向島行渡船のりば」が左手にあります。狭い海の向こう側すぐそこに見える陸地が、しまなみ海道1つ目の島、向島(むかいしま)です。

尾道港レンタサイクルターミナルで自転車を借りた後、しまなみ海道へ行くにはこの渡船乗り場から向島へと渡船に乗り込む(5分くらいの船旅)ので、後で戻ってくることになる方が多いと思います。尾道水道には3つの渡船ルートがありますが、立地上、この渡船がサイクリングには最もよく使われていると思います。ちなみに、尾道大橋という橋は自転車の走行スペースが極端に狭いので通行しない方が無難です。

尾道ワーフ横のウッドデッキを進む

渡船乗り場を横目に、ウッドデッキを海沿いに進みましょう。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道ワーフ横のウッドデッキを進む
尾道ワーフ横のウッドデッキを進む

尾道ワーフというレストランやグリーンヒルホテル尾道などが入った港湾のビルと尾道水道の間に、ウッドデッキがありますので、あとは尾道港レンタサイクルターミナルまでここを通っていきます。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道港の桟橋入り口を通過
尾道港の桟橋入り口を通過

海沿いに進むと尾道港の桟橋の入り口が左側に出てきます。この桟橋は、しまなみ海道の生口島(瀬戸田)や因島などへの旅客船が離発着している港です。レンタサイクルを借りてから生口島や因島まで船で移動する場合にはここから乗り込むことができます。レンタサイクルターミナルへはここも直進しましょう。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:レンタサイクル180M の看板
レンタサイクル180M の看板

尾道港の目の前に置いてある立て看板にも「レンタサイクル180M 」の文字が確認できました。そのまま直進です。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:立体駐車場が右前に見えてきた
立体駐車場が右前に見えてきた

そこから100mほど海沿いに進むと、右側に尾道駅前港湾駐車場の立体駐車場の施設が見えてきます。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:レンタサイクル受付30mの看板
レンタサイクル受付30mの看板

海側の柵にも「レンタサイクル受付30m」の看板があるので、これも目印になりますね。

尾道港レンタサイクルに到着

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道港レンタサイクルターミナルの入り口
尾道港レンタサイクルターミナルの入り口

その看板から30m進んだ先、この右側の立体駐車場の1階部分に尾道港レンタサイクルターミナルがあります。到着です。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道港の貸出用の自転車がずらり
尾道港の貸出用の自転車がずらり

駐車場の一角にずらりとレンタサイクルが並んでいるので、このルートでアクセスすれば容易に場所を見つけることができると思います。道路側からもアクセスすることができますが、尾道駅からであれば、この海沿いのウッドデッキコースが分かりやすいです。

【写真】尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナル:尾道港レンタサイクルターミナルの受付
尾道港レンタサイクルターミナルの受付

レンタサイクルの受付場所は、このようなカウンターになっています。事前予約者と予約なしの方で受付場所が分かれています。

 

レンタサイクル尾道港レンタサイクルターミナル
住所尾道市東御所町地先
施設駅前港湾駐車場
営業時間7:00~19:00 [12月〜2月] 8:00-18:00
電話番号0848-22-5332
最寄り交通尾道駅前バス停、JR尾道駅、尾道港

レンタルの仕組みや料金

ちなみに、ここでレンタサイクルを予約する場合、尾道港レンタサイクルターミナルに電話をしても予約できません。運営している「しまなみジャパン」へ連絡または公式ウェブサイトから予約する必要があります。しまなみ海道のレンタサイクルのターミナルや料金などについては、こちらのウェブページで詳しくご紹介しています。

推しガイドブックをチェック♪

【書影】しまなみ海道サイクリングのガイドブック「しまなみ島走BOOK」など

ガイドブック島走BOOKシリーズ 超定番ですがやはり「しまなみ島走BOOK」シリーズは推しです。自転車で世界一周した地元のサイクリングガイド・宇都宮一成さんという方が書かれている自転車旅行者目線の本格的なガイドブックや地図で、たびたび改訂版も出ています。書店にはなかなか出回っていないのですが、Amazon.co.jpで出版元から購入できます。しまなみ海道サイクリングに興味を持ったらまずは最新版を手元に取り寄せておくといいですよ♪

自分で計画するのが好きな人は『しまなみ島走BOOK』、計画が苦手な人には『しまなみ島走PLAN』がおすすめです。

 


動画で行き方を見る

写真でご紹介した、尾道駅から尾道港レンタサイクルターミナルへの行き方を早送り動画にしたものをYouTubeにアップロードしてみました。動画の方が分かりやすいかもという方はこちらもご参考になさってください。

実際には、歩くと5分ほどかかりますが、動画では早送り&編集で30秒にまとめています。

無事に借りられたら先ほどの向島行き渡船乗り場から渡船に乗ってしまなみ海道へ!

自転車返却後にシャワー

尾道港レンタサイクルターミナルで自転車を返却したあとに、シャワーを浴びたいという方は、商業施設「Onomichi U2」の横にあるコインシャワーが便利です。


このページでは、しまなみ海道のサイクリングでよく利用される尾道港レンタサイクルターミナルについて、尾道駅からの行き方を中心に詳しくご紹介しました。初心者から上級者まで幅広い方が自転車旅行を楽しめるしまなみ海道のサイクリング情報は以下のページにまとめておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

2024年1月9日レンタサイクル

Posted by カワイユキ