【しまなみ海道ランチ特集】海鮮やご当地グルメを満喫できる飲食店

2024年5月10日

このページのコンテンツ(目次)

【ちょっとBreak】自転車旅の前にぜひ読んでみて♪

自転車旅の魅力って何でしょう?バス旅行やパックツアー、観光地を訪れる旅行とは違う魅力がある気がします。そんな自転車旅行やサイクリングの楽しさを、改めて再認識させてくれるコミックエッセイ『おりたたみ自転車はじめました』を、ぜひ、しまなみ海道に来る前に読んでみて下さい

【書影】おりたたみ自転車はじめました(星井さえこ著)
【書影】おりたたみ自転車と旅しています(星井さえこ著)

著者は、折りたたみ自転車でサイクリングや自転車旅行をされている工業デザイナー、星井さえこさん。この本『おりたたみ自転車はじめました』の中、「週末が待ち遠しくなる6コース」の「コース6」で、しまなみ海道サイクリングの様子が出てきます。新刊『おりたたみ自転車と旅しています』も発売されましたよ!

『おりたたみ自転車はじめました』は、可愛らしくも緻密なイラストレーションも、とても魅力的です。自転車旅行の楽しみ方が、より一層イメージしやすくなること、間違いありません。

ご当地・B級グルメ

焼豚玉子飯(今治)

しまなみ海道でご当地グルメ  今治には「今治鉄板焼き鳥」と「焼豚玉子飯」という2大グルメがあるのですが、今治鉄板焼き鳥のほとんどのお店は夜しか営業していないので、ランチには焼豚玉子飯がGOODです。焼豚玉子飯は「重松飯店」と「白楽天」という2店舗が有名店で、白ご飯の上にチャーシューと目玉焼き、甘辛タレをかけたハイボリュームなシンプル丼ぶり目当てに行列ができることも。どちらの店舗とも結構ボリュームがあるので、大盛りなどはお腹の減り具合と相談して慎重に頼んでくださいね。

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:焼豚玉子飯の有名店「重松飯店」
焼豚玉子飯の超有名店、重松飯店
焼豚玉子飯重松飯店白楽天
住所今治市大正町5-4-47今治市常盤町4-1-19
電話0898-22-64520898-23-7292
営業時間 定休11:45~13:45 (18:00~20:00)11:00~14:30 17:00~21:00
定休日月曜日火曜日
特徴夜営業は火曜、土日のみ平日でも待ちができる人気店

カレイ山カレー(大島)

上級者サイクリストにおすすめ

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:カレイ山の遠見茶屋
【ランチ】カレイ山にある遠見茶屋

しまなみ海道でご当地グルメ しまなみ海道・大島の北側には、大島石の採石場のあるカレイ山という標高232mの山があります。その山頂は展望台やキャンプ場もある展望公園になっていて、そこの茶屋「遠見茶屋」でカレイ山のカレーが食べられてしかも美味しいということで、サイクリストの間で話題となっています。遠見茶屋は土日しか空いておらず、しかもカレーは数量限定とあって、これを狙ってとてもキツイ坂道を登ってくるサイクリストが多いのです。事前に電話をすればカレーは予約もできるそうなので、これは予約したほうがいいかもしれません。頑張って登った先での売切れは心が折れてしまいます。

大島の別店舗でもカレイ山カレーは提供

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:カレイ山カレーが食べられる映日果
【ランチ】カレイ山カレーが食べられる映日果

ちなみに、山の上まで坂道を登るのは厳しいという方には、地元NPO法人が運営する「映日果」というカフェでも同じものをいただくことができます。宮窪峠の途中から宮窪石文化運動公園へと入る坂道の途中にあります。こちらも坂道の上なのですが、カレイ山よりは短い登りで、土日以外の日にも営業されています。

遠見茶屋のクチコミ
カレーは鯛で出汁をとっているそうで、とても美味しかったです。
とにかく眺望が素晴らしい。席の横には転落防止のワイヤーがあるだけ。
景色は絶品、カレーライスも絶品です!

カレイ山カレー遠見茶屋(カレイ山山頂)映日果
住所今治市宮窪町宮窪6363-1今治市宮窪町宮窪3543
電話0897-86-28830897-72-8400
営業時間11:00~16:0010:30~14:30
定休日月曜日~金曜日月曜日~水曜日
特徴冬季は休業期間ありカレイ山のカレーあり

伯方の塩ラーメン(伯方島)

★サイクリングのランチに特におすすめ

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:伯方島のさんわで伯方の塩ラーメン
【ランチ】伯方の塩ラーメン・さんわ

しまなみ海道でご当地グルメ しまなみ海道・伯方島の中心地、木浦の町にある有名なラーメン屋さん「さんわ」。ここの名物は何といっても、17種の素材の旨味を伯方の塩で引き出した伯方の塩ラーメンです。伯方島の塩田の廃止を受けて先代のご夫婦が昭和46年に始めた「三和食堂」から始まった歴史ある食堂で、伯方島の造船所や海運会社で働く人たちの胃袋を長年支えてきたお店です。私はランチで立ち寄る時にはいつも日替わりでミニ丼などが付く塩ラーメンのセットメニューをいただきます。貝の炊き込みご飯丼が付くときは最高にうれしいんですよね。サイクリングで汗をかいた後は、身体が塩分を欲しているのか、一口スープをすすったときの染み込んでいく感覚がたまりません。

さんわのクチコミ
塩辛くなく、上品であっさりして美味しかったです。
塩ラーメンを頂き、乾いた体に染み渡りスープまで完飲。
土曜日限定のみかんいなりは、みかんの果実と皮が入っている。

塩ラーメンさんわ 伯方島本店
住所今治市伯方町木浦甲1650-1
電話0897-72-1211
営業時間11:00~19:00
水曜日は17時まで
定休日日曜日
およその食事代1000円~1500円
特徴伯方の塩を使ったラーメンが人気

伯方のお好み焼(伯方島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:伯方島のお好み焼きのお店「風」
【ランチ】伯方島のお好み焼き「風」

しまなみ海道でご当地グルメ 伯方島は造船所が多く、広島など中国地方の都市や大阪など関西の都市との交流も盛んなちいきだったことから、お好み焼き屋さんが何店舗か点在しています。しかも面白いのは、いわゆる関西スタイルのお好み焼きと広島スタイルのお好み焼きの両方を置いているお店が多いことです。道の駅「はかたマリンオアシス 伯方SCパーク」や伯方島のICからも近い立地のお好み焼き「風」は、お好み焼きや鉄板焼きが美味しいとサイクリストの立寄りも多いお店です。ほかにも「たんぽぽ」や「さくら」などローカル色が濃い目のお好み焼き屋さんも伯方島の雰囲気を感じられるランチスポットだと思います。

お好み焼き風(ふう)たんぽぽさくら
住所今治市伯方町叶浦甲1667-5今治市伯方町有津甲2325今治市伯方町伊方甲669-3
電話0897-74-00530897-72-19080897-73-0012
営業時間11:00~14:30 17:00~20:3011:00~21:0011:00~13:30 16:30~21:00
定休日月曜日日曜日水曜日

猪骨ラーメン(大三島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:大三島の猪骨ラーメン
【ランチ】大三島の猪骨ラーメン

しまなみ海道でご当地グルメ 瀬戸内海の島々では農業の大敵となるのがイノシシ。しまなみ海道・大三島の大山祇神社参道にある「猪骨ラーメン」は、しまなみイノシシ活用隊に所属し狩猟や解体も行う店主が作るここにしかないラーメンが食べられる店です。塩、味噌、醤油と3種ありますが、私が好きなのは猪骨塩ラーメン。途中でレモンを絞って味を変化させていくのが面白いです。手作りのチャーシューもとても美味しいので、追加でトッピングするのもいいですよ。

猪骨ラーメンのクチコミ
チャーシューも猪肉で、少し癖がある味がおいしい。
猪を初めて美味しいと思いました。
店内には猪のステッカーや頭の骨もあったりして、遊び心も感じる。

いのししラーメン猪骨ラーメン
住所今治市大三島町宮浦5516
電話0897-72-8780
営業時間11:30~14:00
定休日火曜日
およその食事代1000円~1500円
特徴猟師の店主が作るイノシシラーメン

農家レストラン(大三島)

しまなみ海道リピーターサイクリストにおすすめ

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:大三島の農家レストランピットイン
【ランチ】大三島の農家レストランピットイン

しまなみ海道でご当地グルメ その土地で採れた食材をその場で味わうのは、旅先での最高の贅沢かもしれません。しまなみ海道の島々にも農家さんが古民家を改装して農家レストランとしてオープンさせているお店が何軒かあります。今回、紹介するのは大三島の南東の集落にある土日限定の農家レストラン「ピットイン」です。自分の農園で育てた無農薬野菜を使った「おまかせランチ」は、季節によってもバリエーション豊かで、リピーターも多いそう。ちなみにピットインという名前は店主の女性がバイク好きだからとか。しまなみ海道サイクリングのメインルートからもそれほど離れていない立地なので、土日にサイクリングされる方にはオススメのランチスポットです。

農家レストランピットイン
住所今治市上浦町瀬戸5717
電話0897-87-2788
営業時間11:00~16:00
定休日月曜日~金曜日
特徴地元の食材を使った農家レストラン

レモンポーク丼(生口島)

グループサイクリングのランチに特にオススメ

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:生口島のしまなみロマンでレモンポーク丼
【ランチ】瀬戸田港近くのしまなみロマン

しまなみ海道でご当地グルメ しまなみ海道の生口島・瀬戸田港のすぐ目の前にある「しまなみロマン」は、お土産物も販売している観光レストランです。ランチタイムには海鮮丼をはじめとした丼ものをメインに提供しているのですが、中でも私のお気に入りは「レモンポーク丼」です。レモンポークとは生口島のとなり岩城島のブランド豚で、レモンの入った餌を食て育った豚さんです。追加で注文した自家製のレモンスカッシュとの相性も抜群で、あっという間に完食してしまいます。

しまなみロマンのクチコミ
しまなみ関係のお土産が何でも揃うレストラン。
タコの天ぷら、煮物、唐揚げ、が乗った「蛸三昧丼」が最高。
店員の方も対応よく、料理も大人の男性でも十分なボリュームでした。

カフェレストランしまなみロマン
住所尾道市瀬戸田町瀬戸田214-1
電話0845-27-0010
営業時間10:00~17:00
(金曜、土曜日は21時まで)
定休日水曜日
特徴瀬戸田港近くのカフェレストラン

※日曜日~木曜日の17時以降は要予約。

たこ天(生口島)

【写真】しまなみ海道グルメにオススメ店舗の外観:ミナミたこ焼き店で蛸の天ぷら
【グルメ】ミナミたこ焼き店で蛸の天ぷら

しまなみ海道でご当地グルメ しまなみ海道の生口島メインルート沿いにある「ミナミたこ焼き店」。たこ焼きメインのお店ですが、ここでサイクリストに人気のご当地グルメが「たこ天」なんです。ランチが足りなくてちょっとまだ食べたいな、おやつの時間でちょっとお腹が減ったなというときにちょうどいいグルメです。ランチに焼きそばも美味しいんですよ。とにかく、地元で採れた名物のタコを使ったタコ天は、地元の人も買いに来る生口島の味です。

ミナミたこ焼き店のクチコミ
雰囲気がいいのはもちろんのことタコはプリプリ。
店主のおじさんも従業員の方も気さくで優しい。
たこ天絶対食べた方がいいです。

たこ天ミナミたこ焼き店
住所尾道市瀬戸田町沢209-1
電話0845-27-2576
営業時間 定休10:00~15:00
(土日は17時まで)
定休日月曜日、木曜日
特徴地元のタコを使ったたこ焼きやたこ天

いんおこ(因島)

★サイクリングのランチに特におすすめ

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:いんおこの名店、上田お好み焼き
上田お好み焼
【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:いんおこの名店、お好み越智
越智お好み焼き店

しまなみ海道でご当地グルメ  因島のランチの定番はお好み焼きで、因島のお好み焼きを略して「いんおこ」。20軒以上のお好み屋さんが因島の土生地区にはあるのですが、中でも「上田お好み焼」「越智お好み焼店」「みかんの花」「お好み焼きT&K」の4店舗がお気に入りです。「越智お好み焼店」はレトロな雰囲気の残る土生商店街にある小さなお店で、女将さんがひとりで切り盛りしています。「上田お好み焼」は、肉玉にイカとお餅が入った「デラックスいんおこ」がボリューミーでおすすめです。

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:いんおこの「みかんの花」でランチ
みかんの花
【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:お好み焼きT&Kでいんおこランチ
お好み焼きT&K

グループで旅をしている場合には、小さな店舗へランチタイムに入るのは難しいかもしれません。「みかんの花」や「お好み焼きT&K」は比較的大きめの店舗でグループでも入りやすいと思います。「みかんの花」はメインルートから最も近い場所にある立地(大山神社の近くです)のため、お昼ご飯に寄り道しやすいお店だと思います。「お好み焼きT&K」は因島の南側から因島水軍城へと向かう道沿いにあるお店です。これらのお店でお好み焼きを注文するとき、麺は大抵ウドンまたはソバが選べるのですが、いんおこの定番はウドンです。ぜひお試しあれ。

いんおこ越智お好み焼店上田お好み焼みかんの花T&K
住所今治市宮窪町宮窪1293-2尾道市因島土生町1899-178尾道市因島土生町宇和部区1460-2尾道市因島中庄町2509-7
電話0845-22-09320845-22-44070845-22-92110845-24-0389
営業時間 定休11:00~17:0010:30~14:00 17:00~20:0011:30~14:00 17:00~21:0011:00~14:00 17:00~19:00
(夜は火水のみ)
定休日木曜日火曜日火曜日木曜日~土曜日

尾道ラーメン(尾道)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:尾道ラーメンの壱番館
尾道ラーメンの壱番館
【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:尾道ラーメンの喰海
尾道ラーメンの喰海

しまなみ海道でご当地グルメ 尾道周辺で昔から食べられている中華そば。かつて尾道にあった「朱華園」の醤油ラーメンを踏襲したラーメンは「尾道ラーメン」という愛称で呼ばれていて、尾道グルメの代表格となっています。尾道ラーメンの看板を掲げるお店が市内にはたくさんありますが、初めてサイクリング旅行で訪れるならば「壱番館」「喰海」「尾道ラーメンたに」の3店舗がおすすめです。尾道ラーメンのお店は新旧混在していて、出来たばかりのちょっと変化球的なラーメンを出すお店や、昔ながらの雰囲気過ぎて一見さんだと入りにくい雰囲気のお店も正直言うとあるので・・・。この2店舗なら間違いないと思います。

尾道ラーメン壱番館本店喰海尾道ラーメンたに
住所尾道市土堂2-9-26尾道市土堂1-12-11尾道市東御所町1-7
電話0848-21-11190848-24-81330848-23-7800
営業時間 定休11:00~18:0010:00~21:0011:00~20:50
定休日金曜日水曜日木曜日

懐かしの食堂

【文字画像】しまなみ海道ランチ:渋い、エモい、美味い!レトロ食堂。

かねと食堂(今治)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:今治の老舗かねと食堂
【ランチ】昔ながらの食堂、かねと食堂

しまなみ海道で食堂ランチ 今治でも最も古くから営業している老舗食堂のひとつ「かねと食堂」。創業からすでに120年は超えているとのこと。店構えも内装も、かなり懐かしい雰囲気でそのままドラマや映画のセットになりそうな感じがします。たいていの定食や麺類はランナップされていて、どれを注文してもこれぞ定番!といった見た目と味わい。

かねと食堂のクチコミ
昔懐かしい雰囲気と素朴なお味が何ともほっこりしました。
良くも悪くも古くからある大衆食堂って感じで良かった。
優しいお出汁と柔らかめのおうどんが懐かしかったです。

食堂ランチかねと食堂
住所今治市室屋町1-2-16
電話0898-22-1997
営業時間 定休8:00~15:00
(土日は19時まで)
定休日火曜日、水曜日
およその食事代700円~1500円
特徴120年以上続く懐かしい雰囲気の大衆食堂

しまの店 さよ(生口島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:生口島しまの店さよ
【ランチ】生口島、しおまち商店街の「しまの店 さよ」

しまなみ海道で食堂ランチ  カレーやラーメン、うどん、定食メニューなどをリーズナブルな価格で提供している食堂「しまの店 さよ」。生口島の瀬戸田、しおまち商店街の入り口の角にあるため、サイクリングの途中でもとても見つけやすいお店だと思います。耕三寺や平山郁夫美術館などがある観光地にある「しまの店 さよ」ですが、豊富なメニューは写真付きの食券を買う食堂スタイル。気軽に入りやすい雰囲気と、安くお腹いっぱいになれるサイクリストにはありがたいお店です。SNS映えするレモンラーメンの注文が多いようですが、私はいつも尾道ラーメン定食にしています。

しまの店 さよのクチコミ
お店の方も気さくで優しいし、温かい優しさを感じるお店で昭和チック。
耕三寺の近くにあるし、安いので便利です。
コスパ抜群!サイクリストの味方!

食堂ランチしまの店 さよ
住所尾道市瀬戸田町瀬戸田553-1
電話0845-23-7667
営業時間10:30~16:00
定休日月曜日
およその食事代700円~1500円
特徴ラーメンから定食までメニュー豊富な食堂

中華せとだ(生口島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:生口島の中華せとだ
【ランチ】生口島の昔ながらの中華せとだ

しまなみ海道で食堂ランチ  少しマニアックなのですが、生口島に行くときによく立寄るラーメン屋「中華せとだ」をご紹介。地元に愛され、観光客はほぼほぼ来ないタイプの小さなお店です。ネギとモヤシたっぷり乗ったシンプルなラーメンはどこか懐かしい味がして、なぜかリピートしています。私はいつもラーメンを頼んでしまうのですが、周りを見渡すと焼き飯や五目そばなどもガッツリ美味しそうです。

中華せとだのクチコミ
あっさりとした醤油スープと細ストレート麺が合います。
一品ずつ中華鍋を振って、丁寧に作られてるのを感じる。
テレビもラジオもなく静かな店内。

食堂ランチ中華せとだ
住所尾道市瀬戸田町瀬戸田234-1
電話0845-27-2529
営業時間11:30~19:30
定休日木曜日
およその食事代700円~1500円
特徴地元の人が集まる昔ながらのラーメン屋さん

あづま食堂(因島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:因島のお食事処あづま食堂で懐かしい定食
【ランチ】これぞ大衆食堂、あづま食堂

しまなみ海道で食堂ランチ  因島のメインルート沿いにある数少ないランチスポットのひとつ「あづま食堂」。丼物から定食まで充実のメニューで、庶民的な雰囲気の食堂に何か安心感を覚えます。広島らしくカキフライの定食もあり美味しかったです。ネット上のクチコミには、お店の方の愛想や接客などに言及されている方が多いですが、こうしたお店は本来地元の方向けで、昔ながらの大衆食堂的な雰囲気が残っています。そういった雰囲気込みで楽しめる方におすすめしたいです。

あずま食堂のクチコミ
家庭的なお料理でかつお手頃な価格。
仕事終わりに通いたくなる感じ。
カツ定食、揚げたてです。そして分厚い。

食堂ランチあづま食堂
住所尾道市因島田熊町5051-4
電話0845-22-2202
営業時間11:00~14:00 18:00~20:00
定休日日曜日
およその食事代700円~1500円
特徴因島のメインルート沿いにある老舗大衆食堂

みつばち(因島)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:因島のローカルなカフェレストランみつばち
【ランチ】洋食の定食があるローカルなカフェレストラン

しまなみ海道で食堂ランチ  しまなみ海道の因島メインルート沿いにあるサイクリングで立寄りやすいカフェレストラン「みつばち」。地元の法要の仕出しや宴会なども受けている、どこか懐かしい雰囲気のある地域密着のレストランです。ランチの昼定食はリーズナブルですし、ハンバーグ定食などの洋食を中心に定食が充実しています。中華定食や和食などもあり、かなり幅広いラインナップでファミリーレストランの雰囲気もあります。パフェなどのスイーツも休憩にぴったりです。

みつばちのクチコミ
昔からよく通ってるが何を食べても美味い。
田舎のレストランですが、美味しくてボリュームが有ります。
材料も新鮮で調理も上手ですべて手作り。

食堂ランチみつばち
住所尾道市因島重井町山田2234-3
電話0845-25-1388
営業時間10:30~21:30
定休日月曜日
およその食事代1000円~2000円
特徴地元の人にランチが人気のカフェレストラン

しみず食堂(尾道)

【写真】しまなみ海道ランチにオススメ店舗の外観:尾道のしみず食堂
【ランチ】超ローカルな尾道のしみず食堂

しまなみ海道で食堂ランチ  尾道駅前広場の隅にある「しみず食堂」は、尾道の家庭料理・魚料理が気軽に楽しめる庶民的な食堂。ケースには魚やイカの煮付けたのから、天ぷら、フライなどの小皿が並びます。駅前広場が整備される前は、バラック小屋が立ち並んでいた地域で、建物こそ当時のままではないにせよ、その名残や歴史を感じられる数少ないお店です。

しみず食堂のクチコミ
ほぼ地元客か常連さんのお店で、朝から呑んでる方も。
ガラス張りの冷蔵庫の中にお稲荷さんや鯛の塩焼きや魚の煮付けなど。
ショーケースの煮魚を温めてのんびりとビールが一番。

食堂ランチしみず食堂
住所尾道市東御所町60-8
電話0848-23-5283
営業時間9:00~19:00
定休日水曜日
およその食事代500円~1500円
特徴昔から尾道港近くで続く大衆的な食堂

番外編・ゆめしま海道のランチ

【文字画像】しまなみ海道ランチ:おまけで、ゆめしま海道ランチも!

しまなみ海道の東側に位置する愛媛県越智郡上島町の4つの島(岩城島・生名島・佐島・弓削島)が橋でつながった「ゆめしま海道」は、しまなみ海道サイクリングの途中で寄り道としても立ち寄りやすく、数こそは多くないですが、ここでも島ならではのランチをとることができます。しまなみ海道とゆめしま海道の両方をサイクリングする予定の方は、こちらのランチスポット情報もお昼ごはんの候補になるかもしれません。

しまでCafe(弓削島)

★サイクリングのランチに特におすすめ

【写真】ゆめしま海道ランチにオススメ店舗の外観:弓削島のしまでcafe
【ランチ】弓削島の定番ランチスポット・しまでcafe

ゆめしま海道でカフェランチ 弓削大橋を降りて海沿いに少し走ったところにあるカフェレストラン「しまでCafe」は、サイクルオアシスにもなっている弓削島の定番ランチスポットです。地元発、弓削島のブランドで島おこし活動をしている「しまの会社」が運営しています。レモンポークを使ったソテーやハンバーグ、地魚や摘み菜を使ったカレーやスパゲッティなどが、島のお昼ご飯にピッタリです。ランチタイムをずれても、手作りのケーキなどでおやつタイムにも立ち寄れるハートフルな雰囲気のカフェになっています。

カフェレストランしまでCafe
住所越智郡上島町弓削下弓削830-1
電話番号0897-77-2232
営業時間9:30~18:00(17:30LO)
定休日火曜日
およその食事代1000円~2000円
特徴弓削島のお母さん方が経営するカフェレストラン

お好み焼き西野(弓削島)

【写真】ゆめしま海道ランチにオススメ店舗の外観:上弓削港前のお好み焼き西野
【ランチ】上弓削港前のお好み焼き西野

ゆめしま海道でお好み焼きランチ 弓削島の上弓削港(家老渡フェリー)のすぐ目の前にあるローカルな雰囲気の「お好み焼き西野」は、フェリーの時間待ちなどに気軽に寄れるランチスポットです。地元の人たちの憩いの場ともなっているような雰囲気の小さなお店で、島ののんびりとした空気感を感じられます。真ん中の鉄板でじゅうじゅうと焼かれる熱々のお好み焼きがとても美味しいです。オーナーの女性もとても優しい雰囲気なので、初めてでも居心地がよい感じがして、ひとりサイクリング旅でもおすすめですね。

お好み焼きお好み焼き西野
住所越智郡上島町弓削上弓削245
電話番号0897-77-2577
営業時間10:00~19:00
定休日月曜日、第3火曜日
特徴地元の人が集まる上弓削港近くのお好み焼き店

Kitchen 313(弓削島)

【写真】ゆめしま海道ランチにオススメ店舗の外観:弓削島のKitchen 313 Kamiyuge
【ランチ】Kitchen 313 Kamiyugeの外観

ゆめしま海道でカフェランチ 同じく上弓削港の近く、集落の路地に入り込んでお店を探してみてください。「Kitchen 313 Kamiyuge」は、もともと蔵だった建物をリノベーションしたベーグルとコーヒーのお店です。可愛らしい幾つかのフレーバーのベーグルが並び、コーヒーも自家焙煎。ランチには、選んだベーグルをサンドイッチにしてもらうことができます。営業している日や時間などが少ないので、ここを目的に行くなら事前の確認は必須ですよ。

ベーグル・コーヒーKitchen 313 Kamiyuge
住所越智郡上島町弓削上弓削313
電話番号0897-72-9075
営業時間11:00~15:30
定休日月曜日、水曜日、金曜日、日曜日
特徴弓削島の路地裏にあるベーグルカフェ

レモン・ハート(岩城島)

★サイクリングのランチに特におすすめ

【写真】ゆめしま海道ランチにオススメ店舗の外観:岩城島レモンハートのレモンポーク丼
【ランチ】レモン・ハート(岩城島)のレモンポーク丼

ゆめしま海道でレモンポークランチ 岩城島の南側、岩城港のすぐ目の前にある岩城観光・物産センター「リモーネプラザ」内に入っているカフェレストラン「レモン・ハート」は気軽にランチが取れるスポットとしてオススメです。ここの名物は、岩城島のブランド豚、レモンポークを使ったレモンポーク丼や生姜焼き定食。レモンポークは、岩城島の松浦農場が、飼料に地元産のレモンのピールを混ぜて飼育した豚のこと。とっても美味しい豚肉です。リーズナブルでお腹いっぱいになりますし、観光客も地元の人も立ち寄るとても入りやすいお店だと思います。

カフェレストランレモン・ハート
住所越智郡上島町岩城1427-2
電話番号0897-75-3277
営業時間9:00~16:00
定休日日曜日
およその食事代1000円~1500円
特徴岩城港の港湾施設内に入っている喫茶レストラン

ゆめしま海道のサイクリング情報は、こちらのページにまとめていますので、しまなみ海道だけでなくこちらにも立ち寄ってみようかなと考えている方は、ぜひ参考になさってください。


このページではしまなみ海道サイクリングで立ち寄りたいおすすめランチスポットを厳選して紹介させていただきました。海の見えるカフェや窓からの景色が素晴らしいお店は、少し離れた場所にひっそりとある場合も多く、必ずしもメインルート沿いとは限りません。しまなみ海道サイクリングのプランによって、ぜひ自分にぴったりのランチスポットを見つけてみてください。しまなみ海道サイクリングの詳しい情報は、以下のページにまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。